ユン・ヨジョンが映画「ミナリ」でアメリカGotham Awards女優主演賞候補にあがった。

ユン・ヨジョンは12日(現地時間)アメリカの独立映画授賞式である第30回Gotham Awards 最高の女性俳優賞(Best Actress)候補に入った。

ユン・ヨジョンと共に最高の女性俳優賞候補に挙がった俳優は二コル・ビハリー、ジェシー・バークリー、ケリー・クーン、フレンシー・マクドマンド等である。

「ミナリ」は希望を探しアメリカ移民を選択したある韓国人家族の生き様を描いた映画で今年、Sundance Film Festivalでドラマティック競争部門審査委員大賞と観客賞を受賞した。この映画は来年アカデミー賞受賞可能性がある有力候補として注目されていて、ユン・ヨジョンもまたずば抜けた演技で有力な女優助演賞候補として期待された。

ユン・ヨジョンは先立って先月23日に開かれた第25回釜山国際映画祭「ミナリ」のオンライン記者会見でアカデミー女優助演賞候補に挙がる可能性が高い事に対して「候補にあがったのではなく、可能性があるということ」「本当に困惑してる。まだ候補に挙がっていないのに、もし挙がらなかったら賞を取れなかったことになる。」と考えを明かしたこともある。

一方、Gotham Awardsは非営利団体であるアメリカIFP(アメリカ独立映画制作会社プロジェクト)が主催する授賞式で毎年ゴールデングローブとアカデミー授賞式へと続く受賞式シーズンを開く一つ目の授賞式である。注目する価値がある独立映画たちを発掘する意味を持つ授賞式である。