ボーイズグループ「SHINee」のミンホが除隊を迎え、ファンたちと楽しい時間を過ごした。

「SHINee」のミンホが16日午後、NAVERの動画サービスV LIVEの「SHINee」チャンネルを通じて「MINHO:I’m Home」を進行した。

軍服を着て登場したミンホは「忠誠」と叫び除隊を申告した。ミンホは「国防部所属から『SHINee』として戻ってきた」と凛々しくあいさつをした。

ファンたちはオンユ、キーがミンホのV LIVE放送をSNSでPR中だと伝えた。これにミンホが「軍隊に行って来たら大人になったね、変わった」と満足げに語った。

その一方でミンホは「軍隊にいた時、テミンのカムバックの番組からオンユとキーが出る番組をすべて見た。残念ながら、見ているうちに携帯を提出する時間が来る」と振り返った。

特にミンホは軍隊の話を続けて笑いを誘った。これにファンたちがからかうとミンホは「PRまでとはいかないが、僕が軍隊で生活したことをお話している」と打ち明けた。

そしてミンホは兄妹デュオ「AKMU」の兄イ・チャンヒョクと海兵隊で会ったエピソードも思い出した。ミンホは「イ・チャンヒョク海兵は僕にとってとても高い選任だった。天と地ほどの差だ。タッチの差で実務が重なる期間が2週間程度だった」と述べた。

そしてミンホはイ・チャンヒョクについて「とても高いスペックが垣間見れてうらやましかった。いい話をたくさんしてくれてありがとう。今日アルバムが出た。『AKMU』のアルバムもたくさん聞いてくれたら幸いだ」と呼びかけた。

その瞬間「SHINee」のメンバー、オンユがスタジオに登場した。オンユは「最近コンテンツを撮っている。歌の練習もしている」と近況を伝えた。

オンユはミンホに「顔つきがさらによくなった」と称賛した。これを聞いたミンホは「軍の終盤でスキンケアをした。1日1パックをした」と明かした。

そしてオンユとミンホはさまざまな話を交わした。ミンホは軍生活を通じて得たことについて「着替えのスピードだ。僕がもともとコンサートなどで服を早く着替えるほう。それでも服を着替えるスピードがもっと早くなった」と伝えた。

またミンホは軍生活中によく聞いていた歌に「TWICE」の「FANCY」を挙げた。ミンホは「軍隊で宗教活動をしに行った当時『TWICE』の『FANCY』がリリースされた。同期たちが『TWICE』の歌に熱狂する姿を見てここが軍隊だと感じた」とし、「次の宗教活動に行き、『FANCY』を聞いたがとてもよかった。僕の軍生活人生のBGMだ」と振り返った。

これとともにミンホは「大韓民国のガールズグループの方々に感謝する。国軍将兵たちが多くのパワーを得ている」とキュートなあいさつを言ったりもした。

その後オンユが去る時間が来た。ミンホはオンユに「来てくれてありがとう」と感謝を表した。そしてミンホは軍服からスタイリッシュに着替えて戻ってきた。ミンホは「久しぶりに着飾るので民間人に戻ったようだ。ぎこちない」と笑みを見せた。

ミンホは「カメラの前に久しぶりに立って緊張した。いざやってみると、僕が番組をしていた人間なのは間違いないんだと思った。今朝までは目を覚ました時も休暇に出ているような感じだった。まだ実感が沸かなかった。1、2週間はこの気持ちが続くだろう」と告白した。この他にもミンホは新造語を当てるクイズなどを行い、相変わらずのトークを誇った。

一方ミンホは2019年4月15日に海兵隊教育訓練団に入所した後、海兵隊第1師団で迅速機動部隊員として軍服務を行ってきた。当初先月27日に除隊前の休暇後、同日服務を終える予定だったが、護国訓練の参加などのために休暇を返上し、今月15日に部隊から除隊した。