「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」が韓国グループ初の「Open Mic」に出演してライブパフォーマンスを披露した。

16日(以下現地時間)、米国デジタル音楽メディアGeniusは公式YouTubeチャンネルを通じて「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」のパフォーマンス映像を公開した。韓国グループ初の「Open Mic」に登場した「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」は先月26日に発表した3rdミニアルバム「minisode1:Blue Hour」のタイトル曲「Blue Hour」を歌った。

映像の中で「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」は、軽快なディスコジャンルに合わせてリズムに乗って明るく愉快なエネルギーを伝播しただけでなく、完全に曲を消化し、さらに成長したアーティストの面貌を遺憾なく表現した。特に、「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」はスタンドマイクを使って、普段の音楽番組で見ることができない一風変わったパフォーマンスをプレゼントした。また、様々な色の照明や楽器などの小物がさわやかな雰囲気を引き出し、パフォーマンスの没入度を高めた。

「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」は13日、「コロナブルー」を経験している10代の若者の話を解いた「We Lost The Summer」のミュージックビデオを公開して、自他共に認める10代ピックの存在感を証明した。ミュージックビデオは公開直後関連キーワード「#WeLostTheSummer」が全世界のTwitterリアルタイムトレンド1位を記録し、グローバルファンたちの熱い関心を立証した。

また、「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」は、米国ビルボードが16日、公式SNSを通じて発表したところによると、「minisode1:Blue Hour」でメインアルバムチャートである「ビルボード200」で26位に名前をあげた。これは「BTS(防弾少年団)」がデビュー後初めて「ビルボード200」で50位以内に入った2ndアルバム「WINGS」の記録(2016年10月29日)などと同等のランキングだ。「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」はこれと共に「トップアルバムセールス」でチャートトップを占め、デビュー2年目のグループとして注目すべき成果をおさめ、国内を越えて海外でも多くの注目を集めている。