韓国アイドルグループ「SUPER JUNIOR」」がグローバルトップエージェンシー「ICM Partners」とエージェンシー契約を締結した。

 100年余りの歴史を持つ米国の有名文化誌「Variety(バラエティ)」は23日(現地時間)「ICM Partners」が「SUPER JUNIOR」のアジア活動を除くすべてのグローバル活動を支援するエージェンシー契約を締結したと単独報道し関心を集めている。

 ロサンゼルスを基盤にニューヨーク、ワシントンD.C、ロンドンなどに支社を置いているICM Partnersは音楽ビジネスをはじめ、テレビや映画、出版、ライブ公演、ブランドエンターテインメントまで様々なメディア分野のビジネス領域を担当している米国のトップエージェントだ。ビヨンセやニッキー・ミナージュ、カリード、サミュエル・L・ジャクソン、オーランド・ブルーム、ユマ・サーマン、メーガン・フォックス、ジョン・シナなど世界的スターと共に提携している。

 ICM Partnersのジョン・プリーター副社長は「韓流の王であるSUPER JUNIORを代表することができて光栄だ。パートナー企業のLabel SJと共にグローバルツアー、マーケティング、ビジネス開発と戦略的なパートナーシップなど、様々なメディア分野を通じてSUPER JUNIORのブランド成長を期待している」と感想を伝えた。

 さらにこのニュースを単独報道した「Variety」は「SUPER JUNIOR」について「2005年デビューアルバムを発売し、2009年『SORRY, SORRY』を通じて、世界へ進出した。彼らは13のMnet Music Awards、19のGolden Disc Awards、米国のTeen Choice Awardsの『最高の海外アーティスト』及び『最高のファンダム賞』を受賞した。彼らは11月初め、先行公開曲『The Melody』を発表した。まもなく10thフルアルバム『The Renaissance』を発売する予定」とし、「SUPER JUNIOR」の受賞歴や最新アルバムなど詳しく説明した。

 また、「SUPER JUNIOR」の独歩的なライブ公演ブランド「SUPER SHOW」も「アジア、ヨーロッパで220万人を超えるファンのために公演した。さらにオンライン公演には12万3000人以上の世界のファンが集まった」と言及した。

 一方、「SUPER JUNIOR」は団体、ユニット、ソロアルバム発売、様々なバラエティ番組出演、ラジオ、ミュージカルなど分野を問わず活発な活動を続けている。