論文盗作論議に包まれた歌手ホン・ジニョンが「喧嘩しないなら幸いだ」で姿を消した。

28日放送されたMBC芸能プログラム「喧嘩しないなら幸いだ」では、それぞれ自然人(田舎で暮らす人)と会ったムン・ヒジュン、トニー・アン、パク・ミョンス、ハハの姿が描かれた。

まず、ムン・ヒジュンとトニー・アンの映像が公開された。 12時間以上空腹状態であるムン・ヒジュンとトニー・アンは自然人の仕事を助けた。山に登って木を切り、薪をたたきなど人手を助けた二人は、味噌チゲ、ヨルムビビンパなどで出発前の最後の晩餐を楽しんだ。

パク・ミョンスとハハは、新しい自然人に会った。二人は自然人と挨拶をする前に川に連れて行かれ、釣りをすることになり苦労の道を予告した。

このうちMCの中では、ホン・ジニョンの姿を見ることができなかった。ホン・ジニョンはブーム、ムン・セユンなどと一緒にスタジオMCで出たが、この日は声も姿も見られなかった。ホン・ジニョンの声はムン・ヒジュン、トニー・アンの味噌チゲ、ヨルムビビンバモッパンのときに感嘆詞だけ少し聞くことができる程度であった。

続いてパク・ミョンス、ハハの映像が出てくるときは、スタジオのフルショットが撮られたが、ホン・ジニョンの姿は見ることができなかった。

ホン・ジニョンは最近、大学修士論文の盗作論議に包まれた。盗作審議サイトを通じてホン・ジニョンの修士論文を検査した結果、盗作率が74%が出た。ホン・ジニョンはこれに対して、「私は10数年以上、汗と涙を注いで熱心に生きてきたが、このような非難に上がったら私も気に障る。このすべてが私の不覚であり、間違いだ」と修士号を返却することを明らかにした。