韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」がニューアルバム「BE(Deluxe Edition)」で米国ビルボード最新チャート(12月5日付け)「ビルボード200」で1位を手にした。

 ビルボードは29日(以下、現地時間)公式ホームページに「BTS、『BE』でビルボード200にて5回目の1位達成」とのタイトルで記事を掲載。「BTS」の「ビルボード200」1位のニュースを伝えた。

 「BE」は初ランクインの週すぐに「ビルボード200」で1位を獲得。ビルボードはニールセンミュージック/MRCデータを引用し「11月20日に公開されたBTSのニューアルバム『BE』は去る3月7日付けのチャートで『ビルボード200』に1位で進入し、『MAP OF THE SOUL : 7』に続き、ことし2度目の『ビルボード200』トップを手にした」と明かした。

 ビルボードによると、「BTS」は2020年に2枚のアルバムで「ビルボード200」チャート1位を記録した唯一のグループで、ビートルズ以降、最短期間で5枚のアルバムを「ビルボード200」1位にあげたグループ。ビルボードは「アルバム『BE』は非英語圏アルバムの中で通算11番目の1位を獲得し、11枚のアルバムのうち5枚がBTSのアルバム」と説明した。