「ENHYPEN」がデビュータイトル曲「Given-Taken」のミュージックビデオを公開した。

「ENHYPEN」は30日午後6時、公式YouTubeチャンネルにデビューアルバム「BORDER:DAY ONE」のタイトル曲「Given-Taken」のミュージックビデオを掲載した。

「Given-Taken」のミュージックビデオ、アイデンティティの境界に立つ「ENHYPEN」が自分の姿を見つけて、未知の世界に向かう内容で、感覚的ながらも強烈なビジュアルで視線をひきつける。7人のメンバーの繊細な感情演技とエネルギッシュなパフォーマンスが調和し、劇的な緊張感を加えた。

ミュージックビデオは、鼻から流れる血を拭き取るジョンウォンの姿で始まる。続いて「ENHYPEN」が、クラシックながらミステリアスな雰囲気の空間で時間を過ごす姿と、荒涼とした砂漠を通って新しい世界を探しに行く姿が交差する。特に、廃墟のような寂しい光の塔に向かって7人のメンバーが矢を撃った後、華やかに光りだす塔の前でパワフルなパフォーマンスを披露する場面が圧巻だ。圧倒的なスケールの背景とそれに応じて多彩に変化する「ENHYPEN」のスタイリングが豊かな見どころをプレゼントする。

「Given-Taken」はポップヒップホップ(POP Hip hop)ジャンルの曲で、長い旅の末に生存を確定し「ENHYPEN」という名前で、チームを成した7人のメンバーの新たな出発点での複雑な感情を込めた。「ENHYPEN」が「I-LAND」で数々のミッションを実行した後、最終的にグローバルファンの選択を受け、デビューの夢をかなえただけに、今現実になったデビューがメンバーに「与えられたのか、それとも自分で勝ち取ったのか」という深い悩みと新しい世界に向かって進む強い抱負を込めた。

デビューアルバムとミュージックビデオを公開した「ENHYPEN」は、この日の午後8時にMnetで放送される「ENHYPEN DEBUT SHOW:DAY ONE」でデビュー曲の舞台を初公開する。デビューショーは、YouTube Mnet K-POP、Big Hit LabelチャンネルとAbema、Mnet Japanを通じて会うことができる。