「BTS(防弾少年団)」が新曲「Life Goes On」で米国ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」1位に上がって、また一度新しい歴史を書いた。

先月30日(現地時間)、米国の音楽専門メディアビルボードによると、新しいアルバム「BE(Deluxe Edition)」のタイトル曲「Life Goes On」は、今週のビルボード「ホット100」の1位を占めた。

これで「BTS」は、8月に発売した「Dynamite」と、「BTS」がフィーチャリングに参加したJason Deruloの「Savage Love(Laxed - Siren Beat)」のリミックスバージョンに続き三番目のホット100」1位に上がる気炎を吐いた。

今回のビルボード「ホット100」1位を介して「BTS」は再び各種新記録を吐き出した。ハングル歌詞中心の歌が「ホット100」1位に上がったのは、ビルボードチャート62年史上で初めてだ。 「Dynamite」は全て英語の歌詞であり、「Savage Love」リミックスバージョンはいくつかの韓国語の歌詞が含まれている曲だった。 「Life Goes On」は、スペイン語大部分のLuis Fonsi(feat.Daddy Yankee)の「Despacito」以後、英語以外の歌詞で「ホット100」1位を占めた最初の曲になった。

「Dynamite」で初めて頂上に上がった後、3か月ぶりに「Life Goes On」で第三の「ホット100」1位を占めた「BTS」は、グループ「Bee Gees」が2か月、3週間にわたって3曲で「ホット100」1位を取って以来42年ぶりに、最短期間に3曲が頂上に上がった。「Bee Gees」側が同日、公式Twitterを使って「BTS」にお祝いを送ることもした。

また、これは「ホット100」から「初めての3回1位」を達成するためにかかった期間では、ビートルズの2か月3日以来、最も速い記録だ。それだけではなく、二つの曲で「ホット100」1位に進入した最初のデュオ/グループでもある。

他にも「Dynamite」が既存の14位から「ホット100」3位に急反発した中で、13位の「Blue&Grey」、22位「Stay」、69位「Fly to My Room」、70位「Telepathy」、72位「Dis-ease」など「Skit」を除いた「BE」のアルバムのすべての収録曲が「ホット100」のランキングに上がる大記録を作った。

特に、同じ週「ホット100」チャート5位圏に2曲を上げたグループ(メンバー2人以上)は、2009年6〜7月の「The Black Eyed Peas」後、「BTS」が初めてだ。

「BTS」は、新しいアルバム「BE(Deluxe Edition)」で「ビルボード200」で5回目の1位を占めて、2020年二枚のアルバムで「ビルボード200」チャート1位を記録した唯一のグループであり、ビートルズ以来、最も短い時間で5枚のアルバムを「ビルボード200」チャート1位に上げたグループになった。
「BTS」は、「BE」とタイトル曲「Life Goes On」でそれぞれ「ホット100」と「ビルボード200」1位に登板、ビルボードの両方のメインチャートを同時席巻して新しい歴史を書いた。ビルボードによると、同じ週に2つメインチャートに同時1位新規参入したアーティストは、「BTS」とTaylor Swiftだけだ。

このように、アルバムごとに限界のない成長を遂げて世界的な歌手と肩を並べることになった「BTS」。韓国大衆音楽史に連日新しいページを追加している「BTS」の今後、さらに期待が集められる。