「ENHYPEN」がデビューと同時に、国内外のアルバムと音源チャートで格の違う「歴代級新人」の始まりを発表した。

1日、アルバム販売量集計サイトチャートによると、「ENHYPEN」が先月30日に発表したデビューアルバム「BORDER:DAY ONE」は発売初日22万9,991枚販売し、日間アルバム部門1位に上がった。これはデビュー初日の販売量だけでは圧倒的1位だ。

また、「ENHYPEN」は、グローバルのiTunesチャートでも上位に上がって「2020年世界で最も注目される新人」であることを立証した。 「ENHYPEN」は「BORDER:DAY ONE」で1日(午前8時までの基準)、iTunes「トップアルバム」チャートで、日本、リトアニアなど2つの国でトップを占め、米国を含むオーストラリア、メキシコ、ブラジル、ロシア、インドなど27の国と地域でTOP5に入った。全29の国と地域のiTunes「トップアルバム」チャートでトップ5位以内に安着した。

タイトル曲「Given-Taken」も3カ国のiTunesのトップソング」チャート1位を占めたことを含めて、16の国と地域でTOP5にランクインした。特に、タイトル曲「Given-Taken」を含む、「BORDER:DAY ONE」の全収録曲6曲がアメリカのiTunes「トップソング」チャートに進入して目を引いた。

音源と一緒に公開された「Given-Taken」のミュージックビデオは公開3時間20分で100万再生回数を記録し、1日午後12時基準で800万ビューを突破するなど、急上昇を見せている。

「ENHYPEN」のデビュー曲「Given-Taken」はポップヒップホップ(POP Hip hop)ジャンルの曲で、長い旅の末に生存を確定させ「ENHYPEN」という名前で、チームを成した7人のメンバーが新たな出発点での複雑な感情と強い抱負を込めた。一寸の乱れのないパワフルな群舞に、繊細で節制された動作と表情が加味されパワフルなパフォーマンスが視線をひきつける。

「ENHYPEN」は6日に開催される「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」に出演する。