韓国俳優チェ・ミンス(58)の息子チェ・ユソン(24)がパニック障害により、入隊から3日後に訓練所を退所していたことが分かった。

 25日午前、チェ・ミンス側はOSENに「チェ・ミンスの息子ユソンがパニック障害で訓練所を退所したのは事実。治療後に改めて入隊しようとしている。再入隊の意志が強いようだ」と明らかにした。

 これを前にチェ・ユソンは複数の国籍保持者にも関わらず、去る21日に1師団前進(チョンジン)新兵教育隊に入所した。特に、入所前に母親であるカン・ジュウン(49)とバラエティ番組に出演、「父親が韓国人で、僕は韓国語があまり上手ではないが韓国人だ。だから、入隊することを決めた」と告白し注目を浴びた。

 またカン・ジュウンはユソンの入隊前日、自身のSNSに「明日になればユソンが離れていく。軍入隊前の夕食は豪華にして、ユソンはミリタリーバーガーを食べているね」と息子の近況写真を公開し、話題となった。

 だが、長きに渡ってパニック障害を患っていたことが伝えられ、ファンらからは彼に向けた応援メッセージが続いている。