「BLACKPINK」のロゼとリサがソロ出撃を予告して2021年にも熱心な活動を継続する。

ロゼは来年1月中旬、ソロ曲のミュージックビデオの撮影を進行する予定だ。

現在「BLACKPINK」は、来年1月31日に開催するライブストリームコンサート「THE SHOW」(YG PALM STAGE - 2020 BLACKPINK:THE SHOW)の準備の真っ最中で、ロゼはコンサートの準備と一緒にソロアルバム作業にも取り組んでいることが分かった。

これに加えてYGエンターテイメント側は、ロゼに続きリサもソロ曲の作業を進めていると述べた。

YG側は、「ロゼとリサのソロ曲発表を進めている。現在、ミュージックビデオの撮影を準備中」とし「ジスは、ドラマの撮影日程がありロゼとリサが先にソロ曲を発表する計画」と説明した。

先にYGは、2018年のジェニーの「SOLO」を皮切りに、「BLACKPINK」のソロプロジェクトを発表した。 9月には、追加のお知らせを通じて「BLACKPINK」の初の1stアルバム発表に続き、ロゼ・リサ・ジスのソロ曲を順次公開すると明らかにした。

長年待った末、ロゼとリサのソロ曲発表のニュースを知ったファンたちはすでに彼女たちが見せる新しい音楽に熱い期待を示している。

ロゼは、優れた歌唱力と独歩的な音色を誇りリスナーの耳を捕え、リサは、カラフルなラップとダンスの実力で世界のファンたちの愛を受けていて、二人が「BLACKPINK」ではなく、ソロアーティストとしてどんな魅力を見せるのかすでに関心が集中している。

今年「BLACKPINK」は旺盛な活動を見せ、グローバル音楽市場で地位を固めた。5月にポップスターレディー・ガガとのコラボレーション曲「Sour Candy」、6月に「How You Like That」、8月に「Ice Cream」、10月に初のアルバム「THE ALBUM」などを発表し、新曲ごとに爆発的なグローバルな人気を立証しK-POPガールズグループの新しい歴史を刻んだ。

忙しい一年を送った「BLACKPINK」は、コンサートを皮切りに、ロゼとリサのソロ活動まで2021年も年初から活発な活動を予告し、彼女たちがまたどのような新しい記録を作るのか期待が集められている。