女優のキム・ソヨンが1月のドラマ俳優ブランド評判1位を獲得した。2位はチャ・ウヌ(ASTRO)、3位はイ・ジアでSBSドラマ「ペントハウス」の影響力が大きく表れた。

「韓国企業評判研究所」は2020年12月2日から2021年1月2日まで韓国で放送されたドラマに出演中の俳優50人のブランド・ビックデータ145,584,428個を消費者たちのブランド参加量、メディア量、コミュニケーション量、コミュニティ量で測定し、ブランド評判アルゴリズムとして指数化した。2020年11月の俳優ブランドビックデータ119,147,284個と比較すると22.19%増加した。

2021年1月のドラマ俳優ブランド評判30位に順位はキム・ソヨン、チャ・ウヌ、イ・ジア、シン・ヘソン、ムン・ガヨン、キム・ジョンヒョン、チョ・ビョンギュ、キム・セジョン、オム・ギジュン、キム・ヨンデ、ファン・インヨプ、ファン・ジョンミン、シン・セギョン、チョ・ヨジョン、キム・ミョンス(INFINITE・エル)、イム・シワン(ZE:A)、ナムグン・ミン、アン・ボヒョン、ユナ(少女時代)、ユジン(S.E.S.)、ユ・ジュンサン、シン・ソンロク、コ・ジュン、イ・セヨン、クォン・ナラ、カン・スンユン(WINNER)、イ・チョンア、イ・チェヨン、ソル・イナ、ファン・ミンヒョン(NU’EST)の順だった。

1位のキム・ソヨンのブランドは、参加指数2,809,419、メディア指数2,997,031、コミュニケーション指数1,444,833、コミュニティ指数2,093,375となり、ブランド評判指数9,344,658と分析された。

2位のチャ・ウヌのブランドは参加し数2,338,103、メディア指数2,479,861、コミュニケーション指数1,440,503、コミュニティ指数2,043,532となり、ブランド評判指数8,301,999となった。

3位のイ・ジアのブランドは参加指数2,209,800、メディア指数2,217,682、コミュニケーション指数1,172,804、コミュニティ指数1,515,204となり、ブランド評判指数7,115,490を記録した。

4位のシン・ヘソンのブランドは参加指数2,360,159、メディア指数1,764,370、コミュニケーション指数1,059,368、コミュニティ指数1,062,637となり、ブランド評判指数6,246,533と分析された。

5位のムン・ガヨンのブランドは参加指数2,214,824、メディア指数1,870,011、コミュニケーション指数1,286,034、コミュニティ指数797,476となり、ブランド評判指数6,168,346に分析された結果だ。

「韓国企業評判研究所」は、ブランドビッグデータを分析し、ブランド評判の変化量を把握している。今回のドラマ俳優ブランド評判指数庁舎は、2020年12月2日から2021年1月2日までキム・ソヨン、チャ・ウヌ、イ・ジア、シン・ヘソン、ムン・ガヨン、キム・ジョンヒョン、チョ・ビョンギュ、キム・セジョン、オム・ギジュン、キム・ヨンデ、ファン・インヨプ、ファン・ジョンミン、シン・セギョン、チョ・ヨジョン、キム・ミョンス、イム・シワン、ナムグン・ミン、アン・ボヒョン、ユナ、ユジン、ユ・ジュンサン、シン・ソンロク、コ・ジュン、イ・セヨン、クォン・ナラ、カン・スンユン、イ・チョンア、イ・チェヨン、ソル・イナ、ファン・ミンヒョン、パク・ユナ、ナム・ギュリ、チン・ギジュ、ヨム・ヘラン、ファン・シネ、シン・ウンギョン、チョン・ダビン、キム・サラン、チョン・ボソク、イ・ジャンウ、シム・イヨン、スヨン(少女時代)、オム・ヒョンギョン、ホン・スア、チョン・インファ、ヨヌ(元MOMOLAND)、ナ・ヘミ、イ・シガン、チャン・ヘジン、ヤン・ヘジに対するブランドビッグデータ分析が出た。