歌手J.Y.Parkが過去JYPエンターテインメントに所属していた歌手Rain(ピ)が稼いだ収入をアメリカ進出プロジェクトにすべて失った過去を告白した。

 2日に放送されたJTBCバラエティ番組「知ってるお兄さん」には最近デュオになってカムバックした歌手J.Y.ParkとRain(ピ)がゲストとして出演した。

 この日Rain(ピ)は今のJ.Y.Parkが存在できる理由は自分であると主張しながら「今でもJ.Y.Parkがこのようにアルバムの活動ができて会社が大きくなれたのは僕がその事務所に所属していた頃に成功していたからである。JYPエンターテインメントが今のように大きくなれたのは僕の成功も関係すると思う」と話した。

 この発言に対してJ.Y.Parkは「誰もがこういう風に思っていると思うけどここには秘密がある。Rain(ピ)が稼いでくれたお金はアメリカ進出プロジェクトですべて失い、今のJYPエンターテインメントはRain(ピ)が稼いでくれたお金を使い果たしてから再スタートしたものである。もし当時のアメリカ進出が成功していれば今のJYPエンターテインメントの成功にRain(ピ)の貢献も一部作用したと思うけど…」と明かし笑いを起こした。

 またRain(ピ)はJYPエンターテインメントから独立した理由を聞かれると「契約期間が終わってJ.Y.Parkに真剣に悩みを相談した。入隊まで3〜4年ほどの時間があるからJ.Y.Parkみたいな制作をやってみたいと話したら、色々な事を教えてサポートしてくれた」と感謝の思いを伝えた。