キム・ドンジュン(ZE:A)とキム・ジェギョン(元RAINBOW)主演の切ない感性ロマンス映画「簡易駅」が今月公開を確定し、爽やかでわくわくさせるティーザーポスターを公開した。

今月公開する「簡易駅」は日ごとに記憶を無くしていく男性スンヒョン(キム・ドンジュン)とそんな彼に永遠に記憶されたい余命宣告を受けた女性(キム・ジェギョン)が描いていく奇跡のような出会いを描いた感性ロマンス映画だ。

「簡易駅」で主演を務めたキム・ドンジュンとキム・ジェギョンは切ないロマンスの主人公で初共演をして話題になった。ドラマと芸能で活躍中のキム・ドンジュンは記憶を無くしていく男性スンヒョン役を務めた。アルツハイマーの判定にも一人の女性に向けた純愛ものの姿で女心を刺激する予定だ。JTBCドラマ「補佐官」、「場合の数」を通して安定的な演技力で好評を受けたキム・ドンジュンは今回の映画「簡易駅」を通して愛だけが人生の光である人物を表現しながらより繊細で深みのある内面演技を披露する予定だ。

SBSドラマ「初対面だけど愛してます」、MBCドラマ「バッドパパ」などで俳優としての立場を固めたキム・ジェギョンは愛する人に最後まで記憶されたい女性ジア役を務めた。ジアは余命宣告を受けた人生にもかかわらず、愛する人の前では元気に笑顔を見せる人物でキム・ジェギョンならではの成熟した演技をまた違う色で見せる予定だ。

学生時代の初恋から最後の恋で繋がったキャラクターに完璧に移入した二人はお互いに対する感情を切なく披露する予定で期待を集めている。特に映画中の繊細な表現と共感できる演出、そしてキム・ドンジュン、キム・ジェギョン2人の俳優の感性ケミストリーでいち早く多くの予備観客達の耳目を集中させている。

今回公開されたティーザーポスターは二人揃って鉄道を歩いてるキム・ドンジュンとキム・ジェギョンの姿で目を引いた。口元に微笑みを含んだスンヒョンとそんな彼を見つめてるジアの目つきが親しい気流を発散しながらわくわくさを増してる。それだけじゃなく、二人でお互いを見つめながら温かい笑みを作る二人姿は切ない感情を表してくれてる。爽やかなビジュアルのキム・ジェギョン、キム・ドンジュンの素晴らしいキャミストリーと一緒に「すべてが止まった瞬間私たちの恋が始まった。」というかぴーは新年初感性ロマンス映画に対する関心を高めている。

キム・ドンジュンとキム・ジェギョンの感性ケミで新年劇場界をしっとりとさせてくれる映画「簡易駅」は今月公開予定だ。