グループ「BTS(防弾少年団)」が発売したアルバム「MAP OF THE SOUL:7」が2020年にアメリカで最も売られたフィジカルアルバムチャートで1位を記録した。

 MRC Dataは8日(現地時間)に2020年1月3日から12月31日の間に集計されたアメリカ国内フィジカルアルバム(CD、LP、カセットテープなど)販売及びデジタルダウンロード、オーディオストリーミングなどの音楽関連数値とトレンドを分析した資料を基に年間レポートを発表した。

 このレポートによると「BTS(防弾少年団)」が昨年2月に発売した4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」は64万6千枚の販売量でトップフィジカルアルバムチャートより1位を記録した。「MAP OF THE SOUL:7」はフィジカルアルバム以外の販売量を合計したトップアルバム順位では67万4千枚で2位を記録し、「BTS(防弾少年団)」は昨年のアメリカだけで合計154万枚のアルバムを販売し、アルバム総販売量順位でも2位に名を挙げた。

 また「BTS(防弾少年団)」が昨年8月に発売したデジタルシングル「Dynamite」は130万件以上のダウンロードを記録し、トップデジタルソングセールスチャートの1位を記録した。

 ビルボードはMRC Dataレポートを分析した記事を通じて「初めて「BTS(防弾少年団)」にHOT100チャート1位の栄光を与えた「Dynamite」は2020年に100万件以上のダウンロードを記録した唯一の曲」と紹介し、「2019年Lil Nas Xの「Old Town Road」に続いて2年連続アメリカ内で100万以上のダウンロードを記録した曲はたった1位曲ずつである。「Dynamite」は2020年ダウンロード数2位を記録した曲と比べて2倍以上も多くダウンロードされている」と説明を加えた。

 一方「BTS(BTS(防弾少年団)」は公認音楽チャートであるGaonチャートが発表した2020年間アルバムチャートで1、2位を席巻すると同時に、韓国と日本でのアルバム累積販売量が1000万枚を超える記録を達成した。