ガールズグループの「Red Velvet」と「ITZY」が、2020年の1年間とても愛された結果、“ベストデジタルソング賞”を受賞した。

9日午後に韓国ではJTBCを通じて放送された「第35回ゴールデンディスクアワード」で、「Red Velvet」と「ITZY」がベストデジタルソングで音源部門本賞の栄誉に輝いた。「ITZY」は「MIDZY(ファンダム名)のおかげでこの賞をいただくことになり、本当に感謝している。よいエネルギーを与えられるよう努力する『ITZY』になりたい」と述べた。

「Psycho」でベストデジタルソングを受賞した「Red Velvet」は映像で受賞感想を明らかにした。「Red Velvet」は「一緒に楽しんでいただきよい賞までいただけることになりうれしい。今年は『Red Velvet』がさまざまな分野で活動する計画だ。多くの期待をお願いしたい」と述べた。

「第35回ゴールデンディスクアワード」のデジタル音源は、2019年11月から2020年11月までリリースした音源を対象に賞を授与する。

同日の音源部門の授賞式には「ITZY」、「Noel」、「NU’EST」、「THE BOYZ」、「MAMAMOO」、「Monsta X」、IU、「OH MY GIRL」、「今月の少女(LOONA)」、イム・ヨンウン、CHANGMOなどが参加した。