韓国男性グループ「GOT7」がデビュー7年目にして所属事務所JYPエンターテイメントと決別した。メンバー全員が再契約することなく、事務所を去ることとなった。

「GOT7」は今年1月にJYPエンターテイメントとの専属契約満了を迎えるが、再契約するのか、移籍するのか、注目が集まっていた。

そんななか、ジニョンとユギョムの新事務所移籍が報道された。ジニョンはイ・ビョンホン、ハン・ジミン、ハン・ヒョジュらが所属する俳優専門事務所BHエンターテイメントに、ユギョムはパク・ジェボムのHIP HOPレーベルAOMGに移籍するという内容だ。

これを受けてJYPエンターテイメント側はOSENに「『GOT7』の再契約については多角的に議論しているため、決定し次第お知らせします」と答えていた。

「GOT7」は10日午後に開かれた「第35回 ゴールデンディスクアワード」のCD部門の授賞式に完全体で出演した。

5年連続でCD部門の受賞を果たして、リーダーのJBは「今回も賞をいただくことができましたが、すべてはファンの皆さんのおかげです。2021年も様々な姿をお見せできるようにしていきます。いつも本当にありがとうございます」と受賞の感想を伝えた。

授賞式翌日の11日午後、JYPエンターテイメントは「JYPは1月19日に所属アーティスト『GOT7』が専属契約満了を迎えるにあたって、メンバーたちと深い話し合いを進めてきました」とし、「その結果、互いにより新しい未来を願い、再契約をしないことで合意しました」と公式発表を出した。

そして「『GOT7』は2014年1月16日にデビューし、7年に渡ってK-POPを代表するグローバルアイドルグループとして活躍してきました。K-POPとJYPの発展に貢献してくれた『GOT7』、そしてデビューから声援を惜しまずに『GOT7』の活動の原動力になってくださった『I GOT7』を始めとするファンの皆様に心から感謝申し上げます。公式的な関係は終わってしまいますが、JYPは今後も『GOT7』のメンバーたちが進んでいく新たな未来を心から応援していきます」と伝えた。

事実上「ゴールデンディスクアワード」がJYP所属の「GOT7」の最後の姿となってしまった。

俳優として頭角を現しているジニョンがBHエンタの所属になるのか、ユギョムがパク・ジェボムのもとに移籍することになるのか、他のメンバーの活動はどうなるか、関心が高まっている。