「少女時代」のヒョヨンがいわゆる“バーニング・サン事件”の最初の情報提供者であるキム・サンギョ氏の書き込みについて直々に立場を明らかにした。

ヒョヨンは14日、自身のインスタグラムに「さあさあ皆さん、落ち着いて〜。何もしないでじっとしているから何でもないと見えるのかな、私は一生懸命私の仕事をしました」という長文を掲載した。

これに先立ち、キム・サンギョ氏は自身のSNSにDJ公演中のヒョヨンの写真とともにヒョヨンに“バーニング・サン事件”の証言を要求するコメントを掲載し注目を集めた。

以下、ヒョヨンの投稿全文

さあさあ〜皆さん、落ち着いて〜〜!

何もしないでじっとしているから何でもないと見えるのかな、私は一生懸命私の仕事をしました。いろいろな方々とあいさつもして、公演をお祝いしようと来た友達、スタッフたちとお酒も飲んで気分よくサムギョプサルで酔い覚ましまでして〜〜家に帰りました!

クラブの中でお互いにナンパだと唾をダラダラ流す男性たちや女性たちは見たことがあります。でも、唾をダラダラ流す女優や俳優、猫や子犬は見たことも聞いたこともないです〜。

そして部屋の隅の呂布(ネットや集団では威勢の強い人のことを三国志の呂布に例えた造語)たち、今日までは我慢します〜〜。今度はとてもひどい目にあいます。あ、それと!この文は明日消します。びびって消すのではありません〜。

口にしなければカモになるじゃないですか。それでは!みんな、明けましておめでとうございます。不老長寿、ご健康で長生きしてください〜〜。