韓国俳優イ・ビョンホンのファンクラブが、イ・ビョンホンの寄付に賛同した。

14日、イ・ビョンホンのファンクラブ「ルバース」が新型コロナウイルスの感染拡大で苦しんでいる低所得者層のために「緑の傘 こども財団」に2000万ウォンを寄付したことを発表した。

イ・ビョンホンが昨年末に新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて学習や教育格差で苦しんでいる低所得者層の子供たちに1億ウォンを寄付したというニュースを受けて、ファンクラブも寄付を行った。

「ルバース」側は「イ・ビョンホンさんの素晴らしい行動に賛同したいという気持ちがあった。特に2020年はイ・ビョンホンさんのデビュー30周年を迎える年だったので、今回の寄付はファンにとっても意味のあるものだった」とし、「機会があればイ・ビョンホンさんの寄付に賛同していきたい。イ・ビョンホンさんとファンの温かい気持ちが新型コロナウイルスで苦しんでいる子供たちのためになってくれたら嬉しい」と伝えた。

これまでも低所得者層の子供たちの支援をしてきたイ・ビョンホンの今回の寄付も話題になっているが、現在イ・ビョンホンは映画「勝負(仮題)」の撮影中で、映画「非常事態宣言」の公開も控えている。