※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

20日に放送されたJTBCドラマ「それでも僕らは走り続ける」11話では、ダナ(スヨン(少女時代))との言い争いで考えが複雑になるヨンファ(カン・テオ)の様子が描かれた。

 常に適当な距離を維持するのが慣れていたヨンファが、ダナにだけはその“適当さ”を守るのが難しく、線を越えてしまった。ずっと学生扱いするダナに未熟な面を見せたと思い、再び作品をきちんと完成させてこれまでの失敗を挽回すると決心した。

 こうして覚悟を決めたヨンファは、再び勇気を出してダナの会社を訪れた。しかしヨンファに戻ってきたのは、本当のビジネスをしようという契約書だった。少しでも謝罪があるのではないかと期待していたが、ダナは「やめて。私に対する想い、感傷、期待、失望、その他いろいろ」と線を引いた。傷ついたヨンファは、ダナのことが好きだったがすでに終わったことだと気持ちを整理した。また十分にぶつかりそうな状況だったが、冷たい態度を徹底し、雇う人と雇われる人という関係を守った。

 ダナは予想していなかったヨンファの態度に焦りを感じた。通り過ぎてしまったヨンファとの時間を残念に思い、むしろそれが再びダナの心をつかんだ。時が詰まっているようで好きだった絵は、だんだんとダナの時間を奪っていき、いつの間にか心まで入り込んでくるヨンファの存在に主客転倒の気分だった。

 こうしてはっきりしない気持ちを確認するため、ダナはヨンファを呼んで目の前で絵を描いてほしいと頼んだ。やはりヨンファの絵ではなく、絵を描いているヨンファを見つめていた。自分の気持ちを認めざるを得ないダナは「あなたの絵を見たい欲求、そしてあなたに会いたいという感情。この二つが対立している」と明かした。気持ちを整理したというヨンファに、終わらせないでと頼んだ。そしてひょいと近寄り、「絵の後ろにあなたがいたみたい」と告白すると共にキスをした。絵よりもヨンファのほうが大事だと気づいた瞬間だった。