アイドルグループ「SUPER JUNIOR」のキュヒョンが寒い天候にぴったりの寂しい別れの歌でカムバックした。

キュヒョンは26日午後6時、各種音楽サイトを通じて、新しいデジタルシングル「Moving On」の音源とMVを公開した。

キュヒョンの今回の新曲「Moving On」は四季ごとの特色に合わせて、新しい楽曲をリリースする形式の「2021 PROJECT:季」の一環で、昨年7月に発売した清涼感のある夏のシングル「Dreaming」や同10月に公開した秋のシングル「Daystar」に続いて3曲目。

新曲「Moving On」はシンガーソングライターのホン・ソクミンが2015年に発売していた同名楽曲「最後の日に」をリメイクしたもので、オリジナルとはまた異なる切なさで、別れのつらさより相手の痛みを心配するおぼろげなストーリーが目を引く楽曲だ。

キュヒョンはオリジナルとはまた違う自分だけの感受性を盛り込み、切なさを倍加させる高音やしっかりとした歌唱力で新しく生まれ変わらせた。

“そう僕たちは今日別れたのだ/もうすべての記憶、痛み、思い出、愛/温かかった君の手を後にしたまま/知らないふりをしてまた違うところを探さなければならない”と切ない歌詞が続く。

またともに公開されたMVには同い年の俳優コンミョンと女優チェ・スビンが出演し、長年の恋人が別れる過程をリアルに描き出した。恋愛初期のラブラブだったデートの場面から、最後まで別れを告げて涙を流す別れのシーンまで、2人はひしひしと伝わる感情演技で共感を呼んだ。

一方、キュヒョンは同日午後6時から文化体育観光部が韓国国際文化交流振興院とともに行うオンライン番組「MOKKOJI LIVE」で新曲「Moving On」の初ステージを公開する。