人気振付師のAIKI(アイキ)が振り付け論争に口を開いた。

今月27日午後に韓国で放送されたMBCのバラエティ番組「ラジオスター」では、AIKIがゲスト出演し、プロジェクトユニット「払い戻し遠征隊(Refund Sisters)」の楽曲「DON’T TOUCH ME」の振り付け論争についての考えを明らかにした。

まずAIKIは「(バラエティ番組)『遊ぶなら何する?』の作家の方から連絡がまず来た。個別に(番組MCの)ユ・ジェソクさんから連絡があった。知らない番号で連絡が来たが、『ジェソクオッパ(年上男性を指す言葉)だよ』とおっしゃったので、すぐにオッパと呼ぶようになった」と述べた。

そしてAIKIは「初回放送がされてから悪質なコメントが殺到した。振り付けを巡る論議があった。振り付けがとても一次元的だというのだ」と率直に打ち明けた。

AIKIは「『払い戻し遠征隊』のお姉さんたちが皆さんトップクラスなので、(視聴者たちの)期待値がとても高かったようだ。少しメンタルが擦り切れた。こんなにまで論議になるのかと思った」と、当時の本音を伝えた。そして「ジェソクオッパも心配してくださった。とてもいい出来だから心配するなと、ありがとうとおっしゃった」と付け加えた。

「振り付けが残念だということだがどんな立場なのか?」というMCたちの質問にAIKIは「ヒップホップダンスが好きで、これも私への挑戦だった」と答えた。また「ダンスは単純で記憶に残るべきだと思った。好き嫌いがはっきり分かれていた。でも私はお姉さんたちが満足したので、私も満足していた」と述べた。