アイドルグループ「SEVENTEEN」がマガジン「GOING」の画報カットをサプライズ公開した。

 「SEVENTEEN」は去る1日午後、公式SNSを通じて彼らの多彩な魅力が盛り込まれたマガジン「GOING」のバックカバーと共に予約販売日程を公開し、多くの人々の注目を集めた。

 マガジン「GOING」は「SEVENTEEN」の独自コンテンツ「GOING SEVENTEEN 2020」のプロジェクトの一環として行われた。メンバーのミンギュがアイデアを出してホストとして活躍し、画報を制作したのはもちろん、撮影からデザイン、編集、スタイリングまで画報の進行に全般的にメンバーらが直接参加して自ら手掛けた「自主制作」画報だ。

 公開のニュースだけでも多くの期待を集めたマガジン「GOING」のバックカバーは、今回のプロジェクトの総括エディターを務めたミンギュが飾った。雰囲気を倍増させる白黒のバックカバーには茶目っ気たっぷりのミンギュの表情とメンバーらの愉快さ溢れる手の動きが加わって、マガジンに盛り込まれた多様なカットと話をさらに期待させる。

 続けて、2日にはメンバーのS.COUPS(エスクプス)、JOSHUA(ジョシュア)、WONWOO(ウォヌ)、VERNON(バーノン)の個人カットを順に公開し、雰囲気をさらに盛り上げた。メンバーらはそれぞれのスタイルと雰囲気を生かしたカットでグラビアをさらに完ぺきに完成させ、ファンの爆発的な反応を引き出している。「自主制作」であるにもかかわらずクオリティの高さを誇っており、「SEVENTEEN」の並外れた感覚を誇示した。

 特に「SEVENTEEN」は自主制作マガジン「GOING」の収益金の一部を寄付すると明かし、良い影響力を高めていく予定だ。さらに来る15日から21日までファンコマースプラットフォーム「Weverse Shop」で予約販売を行う。詳細については「Weverse Shop」で確認できる。

 一方、「SEVENTEEN」は来る3月3日、再整備後に新しいコンテンツを公開する予定だ。