YG大型新人「TREASURE」が旧正月特集で用意されたゲーム対決を介して協調性と多彩な魅力を発散した。

YGエンターテイメントは12日、公式ブログに、独自の製作リアリティコンテンツ「TREASURE MAPシーズン2」33話を掲載した。

「TREASURE」は合計3つのチームに分かれ、ゲームを開始した。 「ソウルチーム」には、チェ・ヒョンソク、ユン・ジェヒョク、パン・イェダム、ドヨンが、「日本チーム」には、ヨシ、マシホ、アサヒ、ハルトが、「地方チーム」には、ジフン、ジュンギュ、パク・ジョンウ、ソ・ジョンファンがチームになった。

今回のブルーマーブルゲームは、それぞれ国別ミッションを実行した後、ダイヤモンドを獲得し、ダイヤモンドを最も多く集めたチームが勝利する。つまりゲーム終了まで多くの国を訪問して、ミッションに成功したチームが優勝するのがこのゲームの重要なポイントだ。

開始は順調だった。最初の走者にサイコロを投げた地方チームに続いて、二番目に出たソウルチームまでミッションに失敗した。日本チームは最初のスタートから福袋を獲得し、チームメンバーの故郷である日本に行った。ミッションは、招き猫ゲームで、号令に合わせて右手と左手を挙げ成功することだったが、マシホの失敗で大きな笑いを残したまま出発点に戻った。

続いたゲームで3つのチームはますます頭角を現し始めた。地方チームがミッションに成功し、ソウルチームも福袋の幸運と一緒にミッションも軽く成功した。日本チームは福不福カードに当選し、腕相撲をした。マシホとドヨンの腕相撲対決はマシホの勝利で終わった。これで日本チームは3チームの中で最も多くのダイヤモンドを保有することになった。

その後3つのチームは、世界中の多くの国を通って、さまざまなミッションを行なった。幸運の四つ葉のクローバークッキーの中にある塩クッキー探し、赤い口紅で相手の望む部位にマークをつけるなどのミッションを実行するメンバーたちの姿は、見る人々にとって愉快な笑いをプレゼントした。特にカル群舞パフォーマンスグループにふさわしく、ランダムダンスミッションで魅力を増加させた。

最終勝利は、日本チームだった。優勝チームには旧正月を迎え、両親に旧正月の贈り物をする特典が与えられた。日本チームのヨシは「両親に親孝行をする機会になったので(嬉しい)」と優勝の感想を伝えた。放送末尾のクッキー映像を通じて「TREASURE」メンバーが送った贈り物を受け取った日本の家族の姿が公開され、温かさを加えた。

最後に「TREASURE」は、「2021年明けましておめでとう」と挨拶を伝え温かく締めくくった。

「TREASURE」は、1stフルアルバム「THE FIRST STEP:TREASURE EFFECT」の活動を無事に終えた。ツイッターが最近発表した2020年K-POP決算で「最も急速に成長したアーティスト」1位に選ばれ、グローバル人気をもう一度証明した。 「全世界で最も多くの愛を受けたK-POPアーティスト」部門で全体順位6位に上がって新人の中で最高の活躍を広げた。

実際「TREASURE」は、これまでに発表した「THE FIRST STEP」シリーズ4章すべてiTunes各国で1位を席巻し、アルバムは合計で100万枚以上の販売高を上げる著しい成果を収めた。彼らは成功とファンの声援に力づけられて、様々な重要な授賞式新人賞を総なめにし、3月31日に日本で正式デビューする。