「SEVENTEEN」が、「GOING」のマガジンフィルムを公開した。

16日、「SEVENTEEN」は公式SNSチャンネルを通して、制作マガジン「GOING」のJOSHUA、VERNON、JUN、THE 8の個人とユニットの撮場現場のマガジンフィルムを公開した。公開されたフィルムでの「SEVENTEEN」は、限界のないコンセプト消化力で、特別な存在感を表した。

ヴィンテージムードの映像の中、JOSHUAとJUNは、深い目線と余裕のあるジェスチャーでオーラーを発散し、THE 8とVERNONは、小物を自由に活用しながら多様な雰囲気を発散、完成度高い写真を誕生させた。

特に今回のマガジンフィルムは、メンバーのWONWOOが自ら撮影、専門家のようにメンバー個人のユニークで多彩な魅力を倍増させて、話題を集めた。

「SEVENTEEN」独自制作コンテンツ「GOING SEVENTEEN 2020」プロジェクトの一環で行われたマガジン「GOING」は、メンバーが撮影からデザイン、編集、スタイリングまで、撮影全般に参加した。特に、マガジンの収益金の一部を寄付して、話題を集めた。

このように音楽とパフォーマンスを超えて、新しい事に挑戦した「SEVENTEEN」に耳目が集中する中、「GOING SEVENTEEN 2020」は、毎回熱い話題性と共に、照会数1億ビューを突破するなど、彼らの波及力を立証した。

一方、「SEVENTEEN」は4月21日、日本3rdシングルアルバム「1人じゃない」を発売する。