韓国 100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」を運営する CJ ENM Japan 株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:崔起容〔チェ・ギヨン〕)の韓国本社である株式会社 CJ ENMは、3月20日(土)から28日(日)までYouTube にて開催する「KCON:TACT 3」の1次ラインナップを決定した。

 K-POPの現在と未来をリードする数十組のアーティストに一度に出会える最大規模のオンラインKカルチャーフェスティバル「KCON:TACT 3」の最初のラインナップが公開され注目を集めている。

 「ENHYPEN」、「EVERGLOW」、ハ・ソンウン(HA SUNG WOON)、「iKON」、「ITZY」、「OH MY GIRL」、「THE BOYZ」、WOODZが名を連ね、CJ ENMが開催する「KCON:TACT 3」はアメリカ、日本、フランス、タイなどオフラインイベントであるKCONの開催場所をAR技術で出現させて、 K-POPアーティストたちと一緒にワールドツアーに行くというコンセプトで行われる。この技術を通じてコンサートの臨場感を最大化し、 ファンとのコミュニケーションも増大するものと期待されている。

 KCON:TACTへの初出演を決めて期待を集めている“グローバルルーキー”「ENHYPEN」は、デビュー2か月で新人賞4冠を達成し、アメリカのタイム誌で“2021年に注目すべき新人K-POPグループ”に選ばれた。

 デビューアルバム「BORDER:DAYONE」はオリコンの“デイリーアルバムチャート”とiTunes“トップアルバムチャート”で日本で首位に立ち、アメリカのビルボード“ヒットシーカーズアルバムチャート”、“ワールドアルバムチャート”、“トップカレントアルバムセールスチャート”入りに成功した。「ENHYPEN 2021 SEASON’S GREETINGS」は日本のオリコン週間DVDランキングで1位を獲得するなど主要グローバルチャートで目覚ましい成果を上げている。

 ファンダムと大衆性を兼ね備えた錚々たるグループの中で新鋭の活躍にも関心が集まっている。「EVERGLOW」は昨年、 2枚目のミニアルバム「-77.82X-78.29」の発売と同時にiTunesワールドワイドアルバムチャート1位になり、タイトル曲「LA DI DA」で米国ビルボードが発表した“2020年最高のK-POP歌手20選”、タイム誌選定の“2020 K-POPを代表する歌とアルバム”などに掲載されるなど、世界的なファンの関心を集めている。

 ハ・ソンウンも名を連ねた。昨年発表した4枚目のミニアルバムのタイトル「Forbidden Island」のミュージックビデオが1000万ビューを突破し、認められた歌唱力でOSTまで獲得している。多彩なコンセプトを表現できるハ・ソンウンが自作曲とプロデュースを手がけ、自身の活動領域を広げていく中でより一層大きくなった音楽スペクトルに出会えることだろう。

 6人でカムバックが確定したというニュースだけでも話題の「iKON」は、デビュー以来、 多数のヒット曲を世に送り届けてきた。とくに昨年発売したミニアルバム「i DECIDE」は24地域でiTunesチャート1位を占め、グローバルな人気を証明してくれた。「KCON:TACT」初出演であるだけに、これまで見られなかった姿を「KCON:TACT 3」を通じて披露する予定だ。

 デビュー2周年を迎えた「ITZY」は「第30回ソウルミュージックアワード」で“今年の発見賞”、「第10回ガオンチャートミュージックアワード」“今年のワールドルーキー賞”、 「第35回ゴールデンディスクアワード」“デジタル音源部門本賞”などを受賞した。また、すべての活動曲のMVの視聴数が数億ビューを達成するなど、“モンスター級の新人”としての一面を見せている。

 7人のメンバーが7つの魅力をそれぞれ見せる「OH MY GIRL」は、昨年発売したミニアルバムのタイトル曲「Nonstop」で主要音源チャートを占領し、すべての音楽番組でもトロフィーを手にした。また、「第30回ソウルミュージックアワード」、「第35回ゴールデンディスクアワード」、「Melon Music Awards 2020」でデビュー後初めて“本賞”を受賞し、 大物ガールズグループとしての地位を確立した。

 Mnetの「Road to Kingdom」で優勝し、その実力を証明した「THE BOYZ」は先ごろ、アルバムの販売数が前作比338%も増加する驚くべき成果を収めた。「第30回ソウルミュージックアワード」“ベストパフォーマンス賞”、「第35回ゴールデンディスクアワード」“ネクストジェネレーション賞”も受賞し、今日より明日がもっと期待されるアーティストだ。

 最後にWOODZは昨年、全曲作詞作曲に参加した2枚目のミニアルバム「WOOPS!」を通じて”オールラウンダー”の力量を証明している。また、タイトル曲「BUMP BUMP」がビルボードが発表した最高のK-POP曲のひとつとして好評を博すなど、国内外で活躍してきた。

 今後追加で公開されるK-POPアーティストラインナップで「KCON:TACT 3」に対する期待感がさらに高まるものとみられる。日本のファンはYouTubeのKCON Official(www.youtube.com/kcon)とMnet K-POP(www.youtube.com/mnet)チャンネルを通じて参加ができる。詳細は公式ホームページで確認できる。