SMエンタテインメントが韓国ガールズグループ「少女時代」のカムバック説について慎重な立場を伝えた。

 19日、「少女時代」の8人完全体でのカムバック準備報道について、SMエンタテインメント関係者は複数の韓国メディアに「まだ決まったことはない」と明らかにした。

 「少女時代」は2017年8月に発売された6thフルアルバム「Holiday Night」以来、完全体のアルバムは発売していない。

 「少女時代」のテヨン、サニー、ヒョヨン、ユリ、ユナはSMエンタテインメントと再契約して所属しているが、ティファニー、スヨン、ソヒョンはそれぞれ他の事務所に所属し活動中だ。そのためアルバム発売に関する会社間の調整や、それぞれ異なるスケジュールの調整も現実的に容易ではないためだ。

 しかし、「少女時代」のメンバーらは交流を続けながらグループに対する愛情を示し、グループ活動について話を交わしていることもわかった。そのため、完全体の活動に大きな関心が寄せられている。