韓国ガールズグループ「少女時代」のカムバック説は否定された。

19日、SMエンターテインメントは、少女時代のメンバー8人によるカムバックのニュースに対して「そのような事実はない」とコメントした。


国内最高峰のガールズグループ「少女時代」は、2017年8月に発売された6thアルバム「Holiday Night」以降、メンバー8人でのアルバムは発売されていない。

メンバーのテヨン、サニー、ヒョヨン、ユリ、ユナはSMエンターテイメントと再契約し、今なお所属しているが、ティファニー、スヨン、ソヒョンはそれぞれ別の事務所に所属して活動している。このため、アルバム制作をするには簡単ではないが、メンバー同士はグループへの想いは特別なもののため、このようなニュースが出たようだ。

「少女時代」は2007年にデビューし、数多くのヒット曲を出し、国内最高峰のガールズグループとして地位を誇っている。