韓国女優ク・ヘソンが、友人に対する考えを打ち明けた。

ク・ヘソンは25日午後放送されたSKY、KBS 2TVバラエティ番組「スミサンジャン」にゲスト出演し、「普段自分の考えに孤立しているので、そうでない人生を生きたい」と口を開いた。

これ聞いたパク・ミョンスは、自分も家にいるのが好きだが親しい仲間たちに会うことも好きだと明らかにした。それとともにク・ヘソンに向かって、「親しい仲間は誰か」と尋ねた。

これにク・ヘソンは、「私と親しいと言う人を聞いたことがない」と口を開いた。 「私は少しアウトサイダーだ」と述べ、「友達も秘密である」として関心を誘発した。

ク・ヘソンは 「本物の親友は、お互いを守らなきゃと思う。友人関係が知られるとビジネス関係になったりする。お互いに良い影響をもたらしたが、私が問題を起こしたときに私の友人であるという理由で被害を与えたくない」と打ち明けた。それとともに「芸能人の友人はいないようだ」と率直に語った。