校内暴力疑惑が浮上している韓国ボーイズグループ「Stray Kids」のメンバー、ヒョンジン(20)が26日、SNSに長文を掲載し一連の騒動を謝罪した。また所属事務所JYPエンターテインメント側も「暴露文の投稿者に会って謝罪した」と発表した。

 これを前にオンライン上には学生時代にヒョンジンから言葉の暴力やセクハラ行為の被害に遭ったと主張する暴露文が相次ぎ投稿され、物議を醸していた。

 以下はヒョンジンの謝罪文全文。

こんにちは。Stray Kidsのヒョンジンです。

まず、学生時代、私の誤った言行により傷つかれた方々に心から謝罪致します。
いまよりもさらに未熟だった時代、私がしていた行動を振り返ると恥ずかしく、弁明の余地がありません。

人に対して配慮する方法を知らなかった私の言葉と行動が他の人たちを傷つけていたことを改めて悟りました。遅すぎますが、深く反省しています。

意図していたしていないに関わらず、誰かに洗えない傷を与えてしまったことは絶対に許されないと思っています。

私が謝罪をしてその謝罪を受け入れてもらえても、過去の私が残した傷が完全に癒えることはないということはよく分かっており、深く反省しています。

遅ればせながら、私によって傷を受けた方々に直接会って謝罪をし、またこの文章を通じて許しを請う言葉を伝えられるようにして下さって、恥知らずですが感謝を述べたいです。

直接はお会いできませんでしたが、学生時代に私の不適切な言動により傷つかれた他の方々にも、このように文章でだけでも申し訳ないと伝えたいです。

私を応援してくださる多くの方々に深い失望を抱かせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。