韓国歌手ソン・ガインの所属事務所POCKETDOL STUDIOが「アーティストの音楽著作物、肖像権、姓名権の無断違法使用に関して、法的対応も辞さない」との公式立場を発表した。

 POCKETDOL STUDIO側は去る25日「著作権、姓名権及び肖像権の承認なく、アーティストに関連した非公式グッズ販売と音源流通に対して、今のようにただ黙って、見ているわけにはいかない」と立場を明らかにした。

 また「アーティストを応援して、グッズを所蔵することは感謝しているが、違法収益創出とアーティストの著作権、姓名権侵害など違法な要素が多い非公式グッズ購入は根絶すべきだ」とし「非公式グッズは長い間、制裁が難しかったのは事実だ。しかし、アーティストを保護するためにも、これからは法で保護を受け、規制する」と強く主張した。

 非公式グッズは2次的にコンテンツが再生産されるため、話題を呼ぶなどの肯定的な要因もある。しかし、著作権、肖像権、姓名権などに反しているため違法な販売に該当し、これを悪用して収益を稼ぐ業者がいるからこそ、改善されなければならない問題だ。したがって非公式グッズの販売及び購入は無くなるべき「寛容」なのだ。

 さらに、ソン・ガイン側は「何よりも懸念されるのは、偽りの広告によって発生するかもしれない善意の被害者たち」とし、「所属事務所は、これを防止するために告発措置とともに、報道資料を配布して販売業者の違法販売に騙されないことを大衆に丁寧にお願いし、善処することなく強力に対応するという立場だ」と明らかにした。