“バラエティー番組の原石”との呼び声が高い韓国の女性ラッパー イ・ヨンジが、お笑い芸人ユ・ジェソクが出演するKBS 2TVの新バラエティー番組「カムバック・ホーム」のMCに選ばれた。

26日、「カムバック・ホーム」側は、イ・ヨンジのMC出演の発表と同時に1月に行った事前インタビューの動画を公開した。当初イ・ヨンジは、ユ・ジェソク、チョ・ビョンギュとともにMCを務める予定だったが、チョ・ビョンギュの出演は保留となった。

イ・ヨンジは「高等ラッパー3」で優勝し、注目を浴びた。その後SNSのライブ放送を中心に、ハイテンションでストレートな魅力が好評を博した。KBS のウェブバラエティー番組「ヨンジ全能ショー」など様々なバラエティー番組で存在感を残し、“バラエティー回のライジングスター”と呼ばれている。「カムバック・ホーム」で初めて地上波のMCに選ばれ、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せている。

公開されたインタビュー動画でイ・ヨンジはMCに選ばれた感想を語っていた。彼女は「ユ・ジェソクさんがいるので、オールオッケーだ」とし、「意外と“儒教ガール”なので、自由気ままに暴れることはできないが、20歳のパワーで末っ子がトップに立つ逆序列を目指していきたい」と意気込みを見せた。

スタッフは、「イ・ヨンジは“2002年生まれの新人類”と呼ばれているので、新しい面白さを番組に足してくれると期待している」とし、「イ・ヨンジが『一生懸命頑張る』と意欲を見せてくれている。楽しみにしていただけたらうれしい」と伝えた。

「カムバック・ホーム」は今年上半期に放送される予定だ。