「BLACKPINK」が全世界に良い影響力を発揮した「Climate Action in Your Area」映像に次いで、気候変動に対する認識を高めるためのもう一つの歩みを公開した。

「BLACKPINK」は25日、ソウル中区のイギリス大使館で開かれた国連気候変動締約国会議(COP26)の広報大使委嘱式で、英国ボリス・ジョンソン首相の手書きの親書を受けた。ジョンソン首相は、「BLACKPINK」の映像の成功を祝い、国連気候変動締約国会議(COP26)の議長を務める英国と、世界的に気候変動に対する認識を高めるためともにすることをお願いした。

親書で「BLACKPINK」メンバー一人一人の名前を呼んだボリス・ジョンソン首相は、「あなたたちの『Climate Action In Your Area#COP26』の映像は、ソーシャルメディア上で千万回以上見られ大きな成功を収めた。気候変動は私たちの世代で最も重要な問題」とし、「皆さんが現時点でこのように重要な問題について声をあげたことは非常に歓迎されること」と感謝の意を表した。

「BLACKPINK」は、「第一段階は、私たち自らが気候変動について勉強すること。気候変動は、私たち全員に影響を与えるので、どんなことが起こるか、私たちは知っておかなければならない。私たちは、より多く学びたいし、ファンの皆さんも一緒に参加してほしい」と要望を明らかにした。

サイモン・スミス在韓英国大使は「在英国大使館は、『BLACKPINK』とYGエンターテイメントとCOP26に先立って一緒にできたことを非常に嬉しく思っている。私たちは、将来の世代のために地球を守るために、今すぐ行動しなければならない。全世界のすべてのBLINKの皆さんも私たちの旅に参加してもらいたい」と強調した。

親書で言及された映像は、「BLACKPINK」が在英国大使館と製作して、昨年12月に開催された2020の気候サミット(Climate Ambition Summit 2020)で紹介された。イギリス、国連とフランスが共同主催したオンライン会議はまた、ボリス・ジョンソン首相をはじめ、アントニオ・グテーレス国連事務総長とムン・ジェイン大統領と同じく世界的なリーダーが参加した。

「BLACKPINK」は映像を通じて、急速に消えている地球の自然の生息地を保全する必要性に言及し、気候変動の問題を認識の向上と自然環境の保護を奨励した。また、英国が2021年11月に主催する国連気候変動締約国会議(COP26)の重要性についても強調した。

「BLACKPINK」は昨年10月に発売したアルバム「THE ALBUM」の旺盛な活動を通じて世界的ガールズグループとしての地位を固めた。「BLACKPINK」のYouTubeチャンネル登録者数は5760万人を超え、全世界のアーティスト2位。強大な波及力を誇る「BLACKPINK」の督励が大きな力を持つ理由だ。

ライブストリームコンサート「THE SHOW」を成功的に終えた「BLACKPINK」はソロプロジェクトを控えている。 「THE SHOW」でロゼのソロアルバムのサブタイトル曲「GONE」の舞台が初めて公開され、グローバル音楽ファンたちの期待感が一層大きくなっている。