俳優のペク・イルソプが4年ぶりに“家事をする男”として戻ってくる。

27日にKBS 2TVのバラエティ番組「家事をする男たち シーズン2」では4周年特集“また会いたい家事をする男”の第一弾としてペク・イルソプが乗り出す。

これに先立ち、70歳を過ぎた年齢で卒婚を宣言し、体当たりのシングルライフを後悔していた俳優ペク・イルソプは、4年前に突然腰の手術により降板し、ファンたちと視聴者たちに多くの名残惜しさと心配を残した。

4年ぶりに再会したペク・イルソプは、本人が直々に建てた新しい家で、相変わらず豪快な笑いと元気な姿を見せ懐かしさを醸し出した。腰に続いてひざの手術まで受けなければならなかったペク・イルソプは、幸せな老年のためにリハビリ運動やダイエットで日常を満喫している一方で、止められない“焼酎愛”の習慣も変えたというが…。

インスタントだけ食べていた過去の姿とは異なり、一人でトックク(韓国式のお雑煮)も手際よく作る日進月歩な暮らしぶりまで身につけたペク・イルソプの驚くべき変化に関心が集中している。

そうかと思えば、過去ドラマで親子共演していたMCで俳優のチェ・スジョンに「息子は元気?」と親しげにあいさつを伝えていたペク・イルソプは、超ド直球な新年の徳談(成功を祈る言葉)で爆笑を醸し出したりもし、どんな話をしたのか好奇心を刺激する。

一方、健康を取り戻したペク・イルソプは、イ・スンジェ、ソン・ソク、パク・ジョンスとともに5年ぶりに再び立つことになった演劇舞台に熱意を燃やした。

こんな中、練習が終わった後に集まった席で同い年のソン・ソクは「卒婚しても新しい女性に会ってはどう?」という突発的な質問にペク・イルソプを当惑させるなど、大俳優たちの“no filter”爆笑トークを予告している。

バラエティ番組「家事をする男たち シーズン2」は27日午後9時15分から韓国で放送されている。