韓国俳優ジス(本名キム・ジス)に、校内暴力疑惑が浮上した中、所属事務所側が真偽を確認している。

ジスの所属事務所キーイースト側は、2日午後校内暴力疑惑について「確認中」と短く答えた。

この日の午後、オンライン掲示板にジスとS中学校の同級生だというAさんが「ジスは校内暴力加害者」と主張した。

それとともにAさんは、中学時代のジスについて「2007年中学2年生の時から校内の不良として君臨し、学校であらゆる悪事を犯した」と主張した。

Aさんは、ジスによる被害の話を並べた後「悪質に人々を苦しめていじめる校内暴力加害者が、今は善良で優しいフリをして人々の人気により生きていることに深い嫌悪感を感じる」と述べた。

また「偶然接するキム・ジスのインタビューや記事を見ると、むなしい笑いが出る。あれほどなら本当に過去を忘却した記憶喪失ではないか、という気がする」とし「私が望むのは補償でもなく謝罪でもない。すでにすべて起こり、取り返しのつかないことに対して謝罪なんていらない。それが真心だとも考えていない。ただ、その名前の前に『校内暴力加害者』ジスというタイトルを一生胸に抱いたまま生きて」と述べた。