グループ「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」が「日本ゴールドディスク大賞」で最優秀賞と同時に2冠王に上がって「第4世代代表アイドル」としての存在感を誇った。

15日、日本レコード協会が発表した「第35回日本ゴールドディスク大賞」受賞者によると、「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」は、「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」、「ベスト3ニューアーティスト」賞を受賞した。「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」が日本ゴールドディスク大賞で賞を受けるのは今回が初めて。日本ゴールドディスク大賞は一年間、レコード産業の発展に寄与した歌手と作品を選定して賞を授与する。

「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」は、2020年1月にデビューシングル「MAGIC HOUR」を通じて、日本正式デビューした。このアルバムでオリコンデイリーシングルチャートと週間シングルチャートを席巻した「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」は、今年1月に発表した1stフルアルバムで自己最高記録を更新した。発売直後、オリコンデイリーアルバムチャート7日連続1位と週間チャート上位を占めた。

また、「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」は「STILL DREAMING」で米国ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」173位に上がる快挙を成し遂げた。これは2019年3月に発表したデビューアルバム「夢の章:STAR」、昨年10月に発表した「minisode1:Blue Hour」に続く通算3回目の「ビルボード200」入りだ。特に、日本アルバムで米国ビルボードのメインアルバムチャートに進入したK-POPアーティストは「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」が「BTS(防弾少年団)」に続いて二組目で意味が格別だ。

「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」は、日本ゴールドディスク大賞受賞に「無限の愛を送ってくださるファンクラブMOAの方々に心から感謝します。コロナ禍の状況のために、今は会うことができず、本当に残念です。対面できる日を待ちながら、今後も最善を尽くします。送ってくださった愛と応援に報いることができるように、さらに熱心に努力する」と喜びの感想を明らかにした。

「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」はフォーブス(Forbes)、ティーンヴォーグ(Teen Vogue)など有数の海外メディアからスポットライトを浴びているのはもちろん、エリートデイリー(Elite Daily)のカバーを飾るなど、韓国を越えて海外でも強い存在感を表わし、グローバル人気アイドルとして歩んでいる。