女優のハン・イェリが映画「ミナリ」(監督:リー・アイザック・チョン)のアカデミー賞6部門ノミネートのニュースに対する感想を伝えた。

ハン・イェリは16日、所属事務所のSARAMエンターテインメントを通じて「ミナリ」がアカデミー賞6部門の候補に上ったことに対する感謝の言葉を伝えた。

これに先立ち、15日に行われた「第93回アカデミー賞」の最終候補発表で、ハン・イェリが主演を務めた「ミナリ」は作品賞、監督賞、音楽賞、脚本賞、女優助演賞、男優主演賞に上り、計6部門にノミネートされた。「ミナリ」は今年2月9日に発表された予備候補でハン・イェリが直々に歌う主題歌「Rain Song」が韓国で初めて主題歌賞部門にノミネートされたのに続き、今回は6部門に最終候補入りを果たし、韓国内外を熱くさせた。

これにハン・イェリは所属事務所を通じて「『ミナリ』が多くの方に愛されたという証拠のようで感謝している」と切り出した。そして「ユン・ヨジョン先輩は韓国俳優で初めて女優助演賞の候補になり、スティーヴン・ユァンさんもアジア系アメリカ人で初めて男優主演賞の候補になり、本当に意味深い」とし、「私が好きな人々が努力をしただけに、報われたようで気分がいい」と述べた。

特に彼女は「リー・アイザック・チョン監督とエミール・モッセリ音楽監督、ユン・ヨジョン先輩とスティーヴン・ユァンさん、皆が成し遂げた成果に私が少しでも役に立ててとてもうれしい」と各候補に上った彼らに対する心からの祝福の言葉を送った。

最後にハン・イェリは「毎日撮影が終わると一緒に集まってお互いを応援して励まし合った食事の時間が一番懐かしい」とし、「ぜひまたお会いしてお祝いできたら」と、“チームミナリ”に対する愛情を伝えた。

一方、「ミナリ」は「第36回サンダンス映画祭」の最高賞であるグランプリ(審査員大賞・ドラマ部門)を基点に、「第78回ゴールデングローブ賞」、「2021放送映画批評家協会賞(Critics Choice Awards)」など全世界の映画祭や授賞式、協会で通算91冠を達成し、作品性を認められた。ハン・イェリは“「ミナリ」の成功のカギ”、“今年の偉大な演技”など有数な海外メディアたちの好評とともに、「Vogue US」、「the CUT」、「Harper’s BAZAAR US」など各種メディアやファッション誌で単独インタビューを行い、グローバルな歩みで連日話題を集めた。

また「2021ゴールドリスト賞」の女優主演賞の受賞とともに、アメリカのメディア「Variety」が選定した“オスカーの女優主演賞の有力候補BEST5”、「ハリウッド・リポーター」の“オスカー女優主演賞予想候補”などにも言及され、“チームミナリ”のオスカーレースに対する期待を高めたことがある。

ハン・イェリは劇中2人の子どもの母であり、新しいスタートを夢見る夫とともに希望を求め、アメリカの見知らぬ土地アーカンソーに向かうモニカ役を演じた。「ミナリ」は現在、韓国の劇場で大人気の中で上映されている。