精子の提供を受けて出産した日本人タレントのサユリが「ラジオスター」に出演し、出産時に出血過多で失神したことを明かした。

自然分娩だったサユリは幸い生命の危機を脱し、子供を抱きしめた瞬間はただ愛らしく感じられると思いきや、第一印象は「しっくりこない」だったことを話した。

17日に放送される「ラジオスター」は、多様なジャンルで他の人より先を行くホン・ソボム、サユリ、Jessi、フニフン(Hoony Hoon)が出演する“1号になれる”特集だった。サユリは妊婦である10か月間、妊娠した事実を隠し続けた理由と、出産後に替わった恋愛・結婚観について語った。

先行公開動画でサユリは出産中に危険な状態に陥っていたことを告白した。彼女は高齢出産と妊娠中毒症で出産が大変だったことを明かし、妊娠38週ごろ激しい腹痛で病院に行くとすぐに出産しなければならなかったことを想い返した。

彼女は「出産直後の出血が多くて一瞬何も見えなくなった」と失神したことを話すと、「目を開けると7人の医師が私を見ていた。死んだと思って『私、死んだんですか?』と聞いた」と説明した。

“人工授精”の伝道師として活動し、出産への意地を見せたサユリ。妊娠の事実をひた隠しにして、生命の危機まで経験し、息子を抱きしめた彼女は「すぐに愛おしくなると思ったら、しっくりこなかった」と息子ゼンとの出会いを回想した。

さらに「血のつながりよりも一緒にいる時間が重要なんだと思う。日ごとに愛おしく思えてくる」とし、「病院で子供が入れ替わっていたとしてもそのまま育てていきたい」と母性を見せた。そのほかにも“新米ママ”としてのエピソードが公開される予定だ。

また韓国と日本の産後の違いについても説明した。産後に食べるものについて聞かれると、「ワカメはなかった。ハンバーグを食べた」とし、「日本には韓国のような“産後ケア文化”がないので、釜山の産後ケアセンターのシステムを導入した産後ケアセンターに行った」と話した。