SMエンタテインメント(以下、SMエンタ)が、アイドルグループ「EXO」の「Dancing King」音源の収益金を保護終了児童自立支援のための後援金として寄付した。

 SMエンタは「EXOが2016年9月に『STATION』で発売したコラボレーション曲『Dancing King』の音源収益金を寄付し、そのうち、3200万ウォン(約300万円)を17日に保護隆昌児童の健康な自立を支援するために、美しい財団に寄付した」と明らかにした。

 先立ってSMエンタは今回の寄付以外にも「Dancing King」音源収益金のうち、制作費などを除いたSMエンタと「EXO」の純収益分の計2億4700万ウォン(約2400万円)相当の金額で、2017年から児童や青少年の音楽教育、路上での青少年のためのEXITバス運営などの支援事業を展開してきた。

 特に、ことしは寄付金だけでなく、美しい財団と共に保護終了児童の才能を育てて、夢を実現する機会を提供するキャンペーンのうち、保護終了児童の認識改善メッセージを盛り込んだファッションバッグ、童話を制作するプロジェクトも支援する予定で、関心を集めている。

 SMエンタは2014年に社会貢献ブランド「SMile」を立ち上げ、アーティストの才能寄付・後援、文化・教育支援、従業員によるボランティア団体とのパートナーシップを通じた善行参加、音楽の有望株のための「スマイルミュージックフェスティバル」など、様々な社会貢献活動を展開している。