「BLACKPINK」の「Don’t Know What To Do」の振付映像が2億回を突破した。

YGエンターテインメントによると、同曲の振付映像は21日午前7時頃、YouTubeで再生回数2億回を超えたという。2019年4月15日に公開されてから1年11か月目での達成だ。

同曲は「BLACKPINK」のEPアルバム「KILL THIS LOVE」のサブタイトル曲。当時、アルバムと同名タイトル曲「Kii This Love」で強烈ながらも節制されたカリスマ性を発揮していた「BLACKPINK」は「Don’t Know What To Do」を通じて、難易度の高い動作や爽やかなエネルギーで、相反した魅力を漂わせた。

ミュージックビデオだけでなく、振付映像まで億超えするのは「BLACKPINK」の専売特許。全27作の億超え映像のうち、2億以上を記録した振付映像はすでに6作目だ。特に、「Don’t Know What To Do」はアルバムタイトル曲ではないことを考えると、彼女たちのグローバルな影響力のすごさを推測させる。

「BLACKPINK」のYouTubeチャンネル登録者数も着実に増え、現在5900万人以上。これは全世界の女性アーティストの中で1位であり、全体1位のジャスティン・ビーバーの6150万人にも急速に迫っている。