グループ「BLACKPINK」の「Don’t Know What To Do」振り付け動画が再生回数2億回を突破した。

 所属事務所「YGエンターテインメント」によると「BLACKPINK」の「Don’t Know What To Do」振り付け動画は、21日午前7時頃にYouTubeで再生回数2億回を超えた。2019年4月15日に公開されてから約1年11か月ぶりだ。

 「Don’t Know What To Do」は「BLACKPINK」のEPアルバム「KILL THIS LOVE」のサブタイトル曲だ。当時、アルバムと同名のタイトル曲「KILL THIS LOVE」で強烈でありながら節制されたカリスマを発散した「BLACKPINK」は、「Don’t Know What To Do」を通じて色々な高難易度の動作と清涼さ溢れるエネルギーで相反した魅力を誇った。

 ミュージックビデオだけでなく振り付け動画にまで継続されている再生回数億代回の歩みは「BLACKPINK」の専売特許だ。「BLACKPINK」の計27本の再生回数億代回の動画の中で2億回を記録した振り付け動画がすでに6本目である。

 特に今月12日にROSEのソロアルバム「R」が公開され、「BLACKPINK」の既存動画の再生回数が急激な上昇曲線を描いている。ROSEのソロアルバムタイトル曲「On The Ground」は発売初日にアメリカなど、計51ヵ国のiTunes songチャート1位となり、ミュージックビデオは約1週間ぶりに再生回数1億回を突破し、K-POP女性ソロアーティストの最短新記録を立てた。

 「BLACKPINK」のYouTubeチャンネル登録者数も着実に増え、現在5900万人以上だ。これは全世界女性アーティストの中で1位で、全体1位のジャスティン・ビーバーの登録者数(6150万人)を早いスピードで追いついている。