音楽番組「M COUNTDOWN」の3月最終週の1位に、「BLACKPINK」のROSEが「Brave Girls」を抜き1位を獲得した。

25日に放送されたMnetの音楽番組「M COUNTDOWN」の本放送が電波に乗った。

同日「M COUNTDOWN」では、新学期を迎え“演技サークル”というテーマで演技もこなすアイドルたちによるステージを紹介した。

まずD.O.が所属する「EXO」からチャ・ウヌが所属する「ASTRO」、そしてロウンが所属する「SF9」、ファン・ミンヒョンが所属する「NU’EST」、スジ(元Miss A)、IUなどのステージがファンたちを虜にした。

次に“ヒップホップサークル”のテーマでヒップホップが達者なアイドルたちのステージが続いた。まずLil BoiとWonsteinのステージを皮切りに、Jessi、「WINNER」のソン・ミノ(MINO)、パク・ジェボム(Jay Park)、そして「BTS(防弾少年団)」のステージが続いた。

続いて“体育サークル”のテーマで「GFRIEND」から「Apink」、「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」、「TWICE」のステージが繰り広げられた。フレッシュ全開の歌手たちのステージがおのずと活気とエネルギーを感じさせた。

次は“ダンスサークル”のテーマで「ITZY」を皮切りに、「NCT U」、チョンハ、ソンミ、ヒョナなどが華やかなステージを飾り、視線を奪うまるでミュージカルを観るようなパフォーマンスで並外れた存在感を思いのままに発散した。

一方、「Brave Girls」と「BLACKPINK」のROSEが1位候補に上った中、ROSEが1位を獲得した。ROSEは「あまりにも光栄」だとしながら「練習生の時からバックアップをしてくれた(プロデューサーの)Teddyオッパ(年上男性を指す言葉)ありがとう。オッパでなかったらソロデビューできなかっただろう」とし、その他にも数多くのスタッフたちに感謝の意を伝えた。

特にROSEは「家族たち、『BLACKPINK』のメンバーの応援のおかげで寂しくならず、ソロの準備ができた」としながら「メンバーたち、ありがとう、愛してる」と伝えながら、特にファンクラブのBLINKにも「いつも応援してくれてありがとう。これからももっとステキな音楽をするROSEになる」と感謝の言葉を伝えた。