ソロでデビューするウェンディ(Red Velvet)が、タイトル曲「Like Water」で今年春に温かくて清らかな魅力を送る予定だ。

ウェンディの初ソロアルバム「Like Water」は4月5日午後6時に各種音楽サイトで音源公開して、ダブルタイトル曲「Like Water」と「When This Rain Stops」を含めた全5曲が収録された。

タイトル曲である「Like Water」はウェンディの滑らかで清らかなボーカルと、繊細な緩急調節が目立つアコースティックポップバラード曲で、ヒットメーカーのユ・ヨンジンとKENZIE、プロデュースチーム「Coach & Sendo」が作業に参加して、温かい感性で音楽ファンを魅了する予定だ。

特に歌詞にはお互いの存在と意味を人生に必要不可欠な「水」に例えて、小さい雨粒が集まって海になるように、お互いに運命のように流れるという内容が込められて、側で守ってくれる大切な人々に対する感謝と、これから広がる新しい旅程の希望的なメッセージが感動を増した。

この日の午前0時、各種SNS「Red Velvet」アカウントにはウェンディの新しい姿と出会えるティーザーイメージとムードサンプルが公開されて、アルバムの期待感を高めた。

一方、ウェンディの1stミニアルバム「Like Water」は4月5日に音盤としても発売される予定だ。