韓国女優シン・ヘソン側が、映画「オープン・ザ・ドア」(仮題)出演に関して立場を明らかにした。

 シン・ヘソンの所属事務所YNKエンターテインメントの関係者は2日「『オープン・ザ・ドア』はオファーのみを受けた作品」と説明した。

 「オープン・ザ・ドア」は一人暮らしの平凡なOLが中古取引をして起こる出来事を描く映画で、「仁寺洞スキャンダル〜神の手を持つ男〜」、「パーフェクトゲーム」のパク・ヒゴン監督が演出を務める。

 シン・ヘソンは出演する作品や演じるキャラクターごとに卓越な演技で好評を受けてきた。 そのため彼女の次回作にも多くの関心が注がれている。

 一方、シン・ヘソンは昨年、映画「潔白」や「盗掘、今年2月に放送終了したtvNドラマ「哲仁王后」に出演した。