ボーイズグループ「EXO」のBAEK HYUNが社会服務要員として兵役の義務を履行と明かした中、甲状腺機能低下症により4級判定を受けた事実が遅れながら伝えられた。

3日、情報サイトNews1の取材結果、BAEK HYUNは甲状腺機能低下症により地道に治療を受けており、兵役判定検査で4級判定を受け社会服務要員として勤務をすることになった。

これに先立ちBAEK HYUNは、ファンコミュニティ「Lysn」を通じて「5月6日付で入営通知書を受け取った」と直々に軍代替服務の便りを知らせた。所属事務所SMエンタテインメントの関係者も同日、「BAEK HYUNが5月6日に入所する」とし、「時間や場所は非公開で特別なイベントは行わない」と明らかにした。

BAEK HYUNは訓練所に入所し3週間の基礎軍事訓練を終えた後、社会服務要員として勤務することになる。

一方、BAEK HYUNは2012年にボーイズグループ「EXO」としてデビューし、グループやソロとして活発に活動してきた。今年3月30日には3rdミニアルバム「Bambi」をリリースし、同名のタイトル曲で活動中だ。