「Stray Kids」のリーダーバンチャンが進行するコンテンツ「チャニの部屋」が100回を迎えて全世界のファンの祝賀であふれた。

2019年1月に「Stray Kids」公式ネイバーV LIVEチャンネルで開始したバンチャンの個人コンテンツ「チャニの部屋」は2021年4月4日に100回の放送を迎えた。 「チャニの部屋」は、スタジオ、ホテル宿泊施設、車の中、会議室などの場所を問わず、国内外のSTAY(ファン)にアーティストや音楽をお勧めしたり、曲作業ビハインドを聞かせてくれるシリーズでバンチャンの幅広い音楽スペクトルを垣間見ることができ、ファンの大きな愛を受けている。

特にバンチャンはチャンビン、ハンとチーム内プロデュースグループ「3RACHA」を設け「Stray Kids」の歌を作詞、作曲、編曲し、自分たちの音楽のアイデンティティを強化しており、独自の制作能力に基づいて進行する「チャニの部屋」にK-POPファンたちの耳目が日々集まっている。熱烈な関心を証明するように、100番目の放送には同時接続者数が619万人を突破した。

バンチャンは100回目のライブで「Stray Kids」のメンバーたちの推薦曲と未発表曲の一部を公開するなど、充実した時間をプレゼントし、スペシャルゲストであるチャンビン、ハンと「親友」ケミがあらわれるやり取りを披露し、視聴者の大きな声援に応えた。また、「ファンとの約束で始めたシリーズが、いつの間にか100回を迎えた。2年以上の時間がこのように流れたのも気づかないほど、すべての放送が楽しかったし、多くのファンの皆さんと一緒にできて、さらに嬉しかった。これからは作業する姿も直接見せながら継続してお会いしていく」と安定した配信を誓約してファンを喜ばせた。

「Stray Kids」は1日初放送されたMnet「KINGDOM」で「第4世代K‐POP代表グループ」の真価を誇示して、オンラインを熱くしている。最初の対面式で繰り広げた「MIROH」100秒パフォーマンスで、しっかりしたチームワークが際立つ高難度の振り付け、オオカミを形象化した手の甲のタトゥー、舞台の上に縫い付けられた緑の電球と花火効果など多彩な見どころがいっぱいだった。

そのパフォーマンス映像はMnet公式YouTubeチャンネル「Mnet K-POP」に公開されてから約3日後の4日午後12時49分頃に、YouTubeの再生回数500万回をはるかに超え、6日午後1時あたり664万ビューを記録し、各出場チームの舞台映像の中で圧倒的な数値で1位の座を固守している。2日午後には、メキシコ、日本、スペインなど海外14地域のYouTube人気急上昇の動画のランキングTOP 10に上がって強大なグローバルな人気を誇った、世界各地のファンたちは惜しみない好評を送りグループ「Stray Kids」の価値を高く評価している。

8日午後7時50分に放送される「KINGDOM」の2話で対面式のグローバル評価1位、2位、6位の結果発表を控えた中で、「Stray Kids」が厳しい競争の最初の山を飛び越え王座を占めることができるか期待が集まっている。