韓国アイドルグループ「SHINee」が清涼な音楽からミンホの作詞参加曲まで、より一層豊かな魅力の7thリパッケージフルアルバムでカムバックする。

 「SHINee」の7thリパッケージフルアルバム「Atlantis」は来る12日午後6時に音源が公開され、清涼な魅力を予告したタイトル曲「Atlantis」をはじめ、「Area」、「Days and Years」など新曲3曲が追加された全12曲で構成されており、「SHINee」のより多彩な音楽カラーに出会える。

 追加収録された新曲「Area」は、スキャットとフルートのメロディーが寂しいムードを極大化するプログレッシブR&Bジャンルの曲で、メンバーのミンホが作詞に参加した歌詞には別れた恋人の空席を残したまま、いつも同じ場所にいる辛い気持ちを独白形式で表現し注目を集めている。

 さらに「Days and Years」はミニマルな伴奏と「SHINee」のボーカルハーモニーが調和したR&Bベースのポップ曲で、すべての瞬間が完ぺきでなくても一生一緒にいようという内容を歌詞に込めており、シンガーソングライターのColdeがラップメイキングに参加して魅力を加えた。

 また、きょう(7日)0時には「SHINee」の各種SNSを通じて、ファンタジーなビジュアルが際立つキーとテミンのティザーイメージが公開され、ニューアルバムへの期待を高めた。