ガールズグループ「PURPLE KISS」がデビュー曲「Ponzona」のパフォーマンスバージョンMVをサプライズ公開した。

「PURPLE KISS」は5日、公式YouTubeチャンネルを通して「Ponzona」のパフォーマンスバージョンMVを公開しながら、抜け出せない魅力を発散した。

公開された映像では「紫色神話」の序幕を込めた本編MVとは違い、「PURPLE KISS」のパワフルで強烈なパフォーマンスが重点的に込められていて、耳目を集中させる。

特に、チーム名のように唇の形を表現したポイント振り付けは、カリスマ溢れる「PURPLE KISS」の表情演技と調和されて、映像の集中度を高めた。

先月15日に1stミニアルバム「INTO VIOLET」で歌謡界に初めて足を踏み出した「PURPLE KISS」は、デビュー初日からワールドワイドを含めてアメリカ、ブラジルなど、多数の地域のTwitterリアルタイムトレンドトップ10にランクされて、全世界K-POPファンの熱い関心を受けた。

また、海外8ヵ国地域トップアルバムチャートと海外17ヵ国地域アップルミュージックトップアルバムチャートに進入しながら、新人グループにもかかわらず、グローバルな存在感を表した。

その他にもデビューアルバム「INTO VIOLET」は、1万2405枚という初動販売記録を立てながら、2020年から2021年現在までデビューした新人ガールズグループの中で、最も高いデビューアルバム初動販売量を達成、4世代ガールズグループ代表として登板した。

更に、デビュー曲「Ponzona」MVは公開10日で1000万ビューを突破、1200万ビューを超えて2000万ビューに向かっていて、「PURPLE KISS」がこれから見せる活動にも関心が集まっている。

「PURPLE KISS」のデビュー曲「Ponzona」は、クラシックなヴァイオリンとピアノ、グルーヴなリズムと夢幻的なサウンドが調和する新しい魅力のFusion Urban Hiphopジャンル曲だ。また、スペイン語で「毒」という意味であり、「PURPLE KISS」の魅力で世の中を染めるという決意と同時に、毒が広がるように「PURPLE KISS」から抜け出せなくなるという抱負が込められた。

一方、「PURPLE KISS」はデビュー曲「Ponzona」で活発な活動を続けている。