4月10日午前0時に、You TubeおよびNAVER V LIVEの「Red Velvet」チャンネルなどを通じて公開されたウェンディの「When This Rain Stops」ライブクリップは、アピール力のある歌声と暖かい感性が目立つウェンディのライブに出会え、音楽ファンたちを魅了した。

Wタイトル曲のうちの一つである「When This Rain Stops」は重みのあるピアノ曲であり、ウェンディの自伝的な物語を描く歌詞には、人生に疲れた瞬間「時には少し休んでも大丈夫」という慰めと共感のメッセージを込め、良い反応を得ている。


またウェンディの初のソロアルバム「Like Water」はWタイトル曲「When This Rain Stops」と「Like Water」を始め全5曲が収録されており、韓国国内音源および音盤チャート1位、iTunesトップアルバムチャート全世界の33地域で1位を獲得するなど、ウェンディの高い人気を確認させてくれた。

ウェンディは11日、SBS「人気歌謡」に出演し、Wタイトル曲である「When This Rain Stops」と「Like Water」の2曲のステージに立つ予定だ。