女優ユン・ヨジョン(73)が英国アカデミー賞でも助演女優賞を握りしめた。韓国俳優初の受賞であり、アジア人としても最初だ。再び韓国が世界映画史に新しい歴史を書いた。

 ユン・ヨジョンは12日午前3時(韓国時間基準、現地時間11日午後7時)から始まった第74回英国アカデミー賞で映画「ミナリ」の祖母スンジャ役で助演女優賞に輝いた。

 この日ユン・ヨジョンは受賞直後に「ハローイギリス。私は韓国俳優のユン・ヨジョンです。何を話せばいいか分かりません。ノミネートされたことすごく光栄です。あ、もう候補ではありません」と話し緊張した姿を見せた。続いてユン・ヨジョンは「エディンバラ公爵(フィリップ王配)の崩御に哀悼の意を捧げます」と弔意を表した。

 ユン・ヨジョンは「今回の授賞式は特別にありがたい。上品(ぶった、Snobbish)なイギリスの人々が私のことを知って気付いてくれたからだ。すごく幸せだ。私に投票してくれた方々に感謝する」とウィットな挨拶を加えた。予想しなかったユン・ヨジョンの発言に客席からは爆笑が溢れた。特有の率直でウィットなキャラクターが目立った。

 ユン・ヨジョンは今回の英国アカデミー賞での受賞で映画「ミナリ」出演によるトロフィーの数を計37個とし、同じく助演女優賞にノミネートされた第93回米国アカデミー賞での善戦可能性もより高めた。第93回米国アカデミー賞は今月26日(日本時間基準、現地時間25日午後)に米LAで開かれる。

 映画「ミナリ」は今回の授賞式で多冠王には失敗した。この映画は監督賞と助演男優賞、助演男優賞、外国語映画賞、音楽賞、キャスティング賞まで6部門にノミネートされたが、唯一、助演女優賞のみ受賞に成功した。特に映画「ミナリ」の受賞可能性が高いとみなされた外国語映画賞はデンマークの映画「アナザーラウンド」が受賞した。

 映画「ミナリ」は希望を胸にアメリカにやって来た韓国系家族の”特別な旅”を描いた。サンダンス映画祭の審査委員大賞から始まり、第78回ゴールデングローブ・外国語映画賞まで受賞し、第93回米国アカデミー賞でも有力候補と予測されている。映画「ミナリ」はことし米国アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞など計6部門にノミネートされた。

 一方、今回の第74回英国アカデミー賞の作品賞は「ノマドランド」が受賞した。「ノマドランド」は作品賞と監督賞、撮影賞、主演女優賞まで4部門で受賞した。英国作品賞は「プロミシング・ヤング・ウーマン」が授賞し、主演男優賞は「ファーザー」が各々受賞した。

 英国アカデミー賞は英国映画テレビ芸術アカデミーが主管する英国の映画関連で最大の授賞式だ。

 過去ポン・ジュノ監督が演出した韓国映画「パラサイト」が昨年開かれた第73回英国アカデミー賞で外国語映画賞と脚本賞の2部門で受賞した。